読書屋!BookBankどっとこむ

超マジメ系 読書ブログ

人類滅亡の危機と戦う!壮大なスケールの大活劇『生存者0』【読書屋!】

どうも、ケスイケリーガです。

本日ご紹介するのは第11回このミステリーがすごい!

大賞の大賞を受賞した安生正『生存者0』です!

f:id:arigaria58:20170918224852p:plain

「このミステリーがすごい!大賞」受賞作はオススメできる!

「このミス大賞」の大賞受賞作はどれもこれも読みやすくて何より面白いので、ちょっと気楽に楽しみたいなと思うような時にとてもおすすめできます。

 

今回紹介する『生存者0』はスケール感が壮大で、作者の知識量リサーチ量が半端じゃないです。そのリサーチによって支えられた細部の表現がこの小説の骨格を頑丈なものになり、リアリティが半端ないわけです。

 

そのため、気楽に楽しみたい人も、重厚なミステリーを求めてる人も満足できる小説です!

 

ざっくりあらすじと感想

主人公はとある自衛官。北海道沖の石油掘削基地がストーリーの始まりの舞台となります。

この基地でテロが発生したという情報があり、主人公は基地へと向かいます。

基地に降り立ってみると異様な雰囲気、そして、基地にいた職員は全員、血が飛び散り、肉は切れ切れとなり、殺されていたのです。

 

この遺体の症状は間違いなく未知の感染症であると断定され、主人公も帰還後に隔離され続けます。

 

このストーリーに混乱をもたらしつつも話を展開させるガイド役となる感染症学者が未知の感染症の原因を追求しますが、彼の過去と現在の状況によって不利な立場と追いやられてしまう。

しかし、彼はこの未曾有の感染症によるパンデミック発生時の被害を明確に想像できており、楽観的であり自身の立場しか頭にない政治家たちと衝突します。

 

ここにこの小説に一貫して存在する対立軸が出てきます。

 

国民が大量死に追いやられる可能性があるにもかかわらず、自身の立場のみに固執し、立場が悪くなると他人に責任を負わせる高みの見物をする側の人間と真実を追求しそこから導き出した答えが日本だけでなく世界中に被害が拡大する恐れがあると想像できていて実際に危険のそばにいる側の人間たち。

 

この対立軸が読者に常に後者を応援させる気持ちにさせ、また、現実に即した時に自分自身を含めて前者側に回っていないだろうかという考えをもたらしてくれます。

 

ストーリーはこのパンデミックが発生してしまい、政府の対応が後手後手、さらに見当はずれな対応によって甚大な被害となってしまいます。

 

この感染症の謎を追求することを命じられた主人公は自身の危険を顧みず、真実を突き止めます。

その真実とは、パンデミックと断定されていたものを覆し、かつ、従来の考えでは想像もできないことでありました。

新事実への対策そして、新たな敵の圧倒的な脅威の前で幾人もの部下を失いながらも自分の目の前にある自分にできることを一生懸命やる自衛官の姿には心打たれます。

 

読者を幾度も騙し想像を超えるスケールで展開される大活劇です。

 

しかも、心理描写も鮮明で、登場人物たちがもつ葛藤や恐怖などが手に取るようにわかります。楽しく読みたい人にもじっくり読みたい人にも、オススメできる1冊です!

それではグッバイ!

 

<年間100冊超の読書からオススメの本を紹介しています>

www.bookbank-58.com