読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

家族っていいなっていう話

どうもお久しぶりです。

www.bookbank-58.com

こちらの記事にしれっと読了本を記録していましたが新しく記事を書くのは数ヶ月ぶりとなってしまいました。今年の目標の一つである「100冊本を読んで100冊このブログに記録する」は必ずやりますので、読んでやっていただけたら幸いです。

 

今日は、夏休みであったこともあり、実家に帰り家族でまったりしていました。

最近、周りの友人たちが第一次結婚ラッシュなもんで、自分も結婚含め家族像というものを考えた時に家族っていいよなってすごく思うわけです。自分が将来作る家族もこんなふうだったらいいなーって。そういうことを考えながら実家に帰って本当に心の底から思えたので記録します。役に立たない記事ですが、ちょっとほっこりしてくれたら嬉しいなと思います。

 

冗談を言い合える家族って最高だよね。

自分自身よく意味もない冗談を言うんですが、笑ってくれる人突っ込んでくれる人苦笑いな人シカトする人いろんな人がいます。ただ、家族は必ず笑ってくれて、しかも面白いリアクションをとってくれます。これってすごく大事だなと思っていて、冗談を言って、冗談だと理解してくれる。そして、その冗談にしっかりリアクションをとって笑ってくれる。そうすると自然と笑いが絶えなくなる。そう言う家族って素晴らしいなって。

 

 

美味しいものを一緒に食べれる家族って最高だよね。

やはり実家に帰った時の一番のメリットは美味しいご飯が何もせずとも出てくることだと思っています。でも、それはただ美味しいだけでなくて、家族みんなでテーブルを囲んで食べるっていうところに美味しさのエッセンスが詰まっていると思います。好きなものや嫌いなものを熟知しつつ、一緒におしゃべりしながらご飯を食べれるって一人暮らしの自分からしたら、すごく幸せなことだな再確認しました。

 

 

思い出話をできる家族って最高だよね。

23歳で実家を出て一人暮らしを始めたけれど、それは同時に23年間一緒に暮らした家族との思い出がいっぱいあるってことを意味する。今、実家に帰って一番両親が笑顔になってくれることは、あの旅行のここが良かった、あの人って今何してるんだろう、あの時は大変だったなというように思い出を覚えていてそれを共有した時だと思う。きっと、息子をあの時旅行に連れていって良かったなと思ってくれてるんだと思う。もしかしたら、それってかなり素敵な親孝行なのかもしれません。

 

 

また、マイペースで読書日記等書いていくのでどうぞよろしくおねがいいたします。