読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

想像が現実化する残酷性がミステリーテイストで描かれる『ボトルネック』【読書屋!】

f:id:arigaria58:20170402224625j:plain

どうも、こんにちは!アリガテンです。

今日は最近わたしがハマっている作家 米澤穂信さんの小説『ボトルネック』を紹介します。

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com

みなさんは「ボトルネック」という言葉の意味をご存じでしょうか。ボトルネックとは、ビンの首の部分のことなのですが、その形から意味が転じて以下のような意味で用いられる言葉です。本書より抜粋です。

"【ボトルネック】瓶の首は細くなっていて、水の流れを妨げる。そこから、システム全体の効率を上げる場合の妨げとなる部分のことを、ボトルネックと呼ぶ。全体の向上のためには、まずボトルネックを排除しなければならない。"

物語の中でこの言葉が非常に意味を持ったキーワードとなる。

この物語は高校1年生の男子高校生が主人公。彼の家は両親の仲が非常に悪く、母も父も不倫をしており、世間体を失うことを避けるためだけに離婚をしていない。兄もバイクの事故でなくなっている。彼の家はいわゆる「幸せな家庭」の対極にあるような状態なのだ。さらに、彼は中学生の時に付き合っていた彼女を事故で失っている。福井県東尋坊という海岸沿いの崖から転落したのだ。その東尋坊で彼女の弔いをしていたところから始まる。

 

東尋坊で彼女が転落した場所で弔いをし、家路に着こうとした瞬間に彼はふらっと意識を失う。そして、目覚めたところは彼が暮らしていた世界とは異なる別世界だった。最初、彼は別世界で目覚めたことを理解していなかったが家に着くと知らぬ女がいた。その女は彼の家の住人であると主張し、彼もここが家だ主張する。そして、次第に相手の言っていることが嘘ではないと理解し、そして彼女が彼の姉であることを認める。彼のいた世界では一人の女児を流産で失っている。つまり、彼は流産で女児が亡くなった世界でのみ存在する人間であり、その彼が流産で女児が亡くならなかった世界に飛んできてしまったのだ。彼の元の世界と飛んだ先の世界では多くのことが同じであったが少しずつ詳細が異なっていた。

彼は元の世界と飛んだ先の世界を比較すると彼の周りの事象が飛んだ先の世界の方が良い環境であることに気付いていく。この2つの世界の違いは彼が存在するか存在しないかだけの差がなく、その差によって2つの世界の良し悪しに影響が出ていると認識する。そして、それはつまり彼にとって残酷な事実を突きつけることとなる。彼が存在しなかった方が世界は良くなる、彼が存在すると世界は悪くなるという事実を目の前に突き付けられたのだ。姉の存在への嫉妬なのか羨望なのか、少なくとも彼の存在は姉の存在よりも劣った結果をもたらしているという残酷さが眼前にそびえ立つ。

 

私たちは日々生きている中で、「私なんかいない方がよかったのではなかろうか」と思ってしまうような状況に遭遇することがある。その気持ちは非常に苦しくやり場のない感情がどっとあふれるかのようではないだろうか。

しかし、それはあくまで「・・・ではなかろうか」という想像の域を出ないで済む。本書の面白みは、その想像の域で収まっていたものが現実として突き付けられた際の残酷性、そしてそれに直面した若者の思考・言動を描いたところにあると思う。

「・・・ではなかろうか」という想像が別世界に飛ぶことで現実化し、さらに自身が描いた仮説は正となったのだから。まさに、彼は「ボトルネック」だったのだ。ボトルネック、全体の向上のためには、まずボトルネックを排除しなければならない。

 

"失望のままに終わらせるか、絶望しながら続けるかの二者択一。そのどちらもが、重い罰であるかのように思われてならなかった。自分で決められる気がしなかった。誰かに決めてほしかった。"

 

明るい雰囲気の本ではないですが、米澤穂信『ボトルネック』読み物として面白くオススメです!

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com