読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

青春!学園ミステリー小説!米澤穂信、古典部シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』【読書屋!】

どうもこんにちは!アリガテンです。

f:id:arigaria58:20170325131822j:plain

ハマってます、米澤穂信!今回は、米澤穂信『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』を紹介します!

www.bookbank-58.com

この古典部シリーズは神山高校古典部に所属する4人が校内で遭遇した謎を解いていく形のミステリーとなっている。

ミステリーといえば、誰か人が殺されその犯人を探偵役が推理すると考えがちだが、彼の古典部シリーズはそういう種のミステリーではない。あくまで、古典部員の周囲で起きたちょっとした謎を4人が協力して推理・解決していくという形をとる。そのため、日常離れしたストーリーというよりかは、日常のどこにでもあるような風景を切り取ってミステリー仕立てにしている印象を受ける。

誰が読んでも楽しめる小説といえるだろう。なにより登場人物の個性が際立っているので物語に没頭してしまう。今回も、古本屋で買ったその日に読んでしまいました。

 

神山高校のあるクラスが文化祭にドラマ映画を出すことになったがすこしばかり困ったことが起きた。脚本係だった女子学生が病に倒れてしまい、脚本の続きを書くことができなくなってしまったのだ。しかも、その作品のテーマはミステリー、途中まで撮影も済んでいる。

脚本の続き、つまり事件のトリックが明かされないままとなってしまった。そんな中、途中まで撮影した動画を鑑賞し、脚本家だった女子学生がどのような結末を描いていたか推理してほしいという依頼が古典部の4人にやってくる。4人はその作品と作品の制作に関わった生徒たちからの情報をもとに、脚本家が考えたトリックを推理していく。そして、そのトリックを推理してくれという依頼の理由が次第と明らかになっていき、そこにこそこのミステリードラマ映画を解決する肝があった。

 

個人的に、この作品と古典部シリーズ1作目の『氷菓』だと、『氷菓』の方がインパクトが強い印象を受けた。しかし、このシリーズの持つ味というか、方向性のようなものが明確にさせた作品といえる。このシリーズはミステリーとしての謎解きの深みや意外性よりも、謎解きというものを使って登場人物たちの心の在り方を描いているという理解でいる。

自分は普通の人間で他より優れてなんかいないと決めつける。一方で自分にはどこか優れたところがあるのではないか、他者との関わりによってそれがより鮮明に気付かされるところがあるのではないか、もしそういう部分があるのであれば普通の人間から一歩踏み出して自分を変えられるのではないかという心の揺れが際立って描写される。

 

"誰でも自分を自覚するべきだ。でないと。・・・・・・見ている側が馬鹿馬鹿しい。"

 

自分の本当の力は自分自身では自覚しづらいものかもしれない。だが、自分が自分を信じられなかったら何もできないだろう。私はこの小説にこうささやかれた気がした。

 

↓ハマってます、米澤穂信作品。

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com