読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

笑いも!涙も!誰にでもオススメできる『SING-シング-』【映画屋!】

映画 ミュージカル

どうも、こんにちは!アリガテンです。

今日は『La La Land-ラ・ラ・ランド-』を見に行った時の上映予告で気になっていた映画『Sing-シング-』を見てきました!

www.bookbank-58.com

いやー『Sing-シング-』最高に笑っちゃいました。『La La Land-ラ・ラ・ランド-』に続き、ミュージカル・エンターテインメントな映画です!イイ感じに紹介してしまいます!!

 

ネタバレない程度にざっくりなあらすじ

『Sing-シング-』は「ミリオンズ」を制作したスタジオが提供するミュージカル・エンターテインメントのアニメ―ション映画です。

 

動物たちがそれぞれの個性やキャラクターを前面に押し出しながら賞金10万ドルの歌のコンテストに挑みます。そのコンテストの主催者は、経営も人気も傾いている劇場のオーナー。銀行にお金を支払わないと劇場を差し押さえられてしまうことになり、自分の愛する劇場を守るための秘策に歌のコンテストを企画します。賞金1000ドルをギリギリで用意して、いざ告知という段階で誤って10万ドルでチラシをばらまいてしまう。

 

10万ドルに惹かれてコンテスト当日には挑戦者の行列が!予選を通過した実力ある個性豊かな挑戦者たちの決勝戦に向けて、オーナーは劇場を改造します。しかし、その改造のせいで劇場が全壊、劇場のあった土地は銀行に差し押さえられてしまいます。

 

絶望にかられるオーナーはあることをきっかけに、劇場の再興を目指し、予選通過者のステージを劇場跡地に用意します。そして、誰も期待していなかったそのステージが最高なものになっていきます

 

『Sing-シング-』は老若男女誰にでもおすすめできる!

『Sing-シング-』は本当に誰が見ても笑えるし感動できるかなりオススメな映画です。個性的なキャラクターたちにいちいち笑わされます。そして、確実にツボを押さえた感動シーンがいくつもあり、映画館の中は笑いと涙で溢れていました。

 

私は日本語字幕で観たんですが、やはりアニメということもあり使われている言葉が易しくストーリーもわかりやすいので、頭を使わず楽しさに没頭できるものでした。はじめからおわりまで明るい気持ちになる映画なので、どんなときでもだれとでも楽しめます。

 日本語吹き替えも長澤まさみやウッチャンナンチャンの内村光良等豪華キャストが声優陣なので、もう一度観に行ってもいいかななんて思ってます。

 

20代男子が一人映画でみた『Sing-シング-』の感想

個性豊かな動物たちが大活躍します。映画を見終わった後に「どのキャラが好きだった―?」なんて話題は99%やりますね、私は一人で観たので1%側ですが。

 

とにかく、キャラクターが素敵なんです。どいつもこいつも一笑いさせてくれるようなユーモアと個性が滲み出てきます。容姿は動物なんだけれど、ああこういうやつ友達にいるなー!みたいな感想を受けると思います。

 一方で、どのキャラクターも日常の何かを犠牲にして「歌」というもの(=新しい自分)に臨んでいきます。その姿勢がただの笑いだけでないストーリーの深みを出していて大人が見ても、20代男子が一人で観ても最高な気分で映画館を出れるでしょう。ぜひ、おすすめです!!

 

ミュージカルが好きなら・・・!

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com