読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

<『床下仙人』原宏一>普通のサラリーマンが理不尽な社会の仕組みに出会ってしまって!!【読書屋!】

どうも、こんにちは!三度の飯より本が好き、アリガテンです!

f:id:arigaria58:20170403000324j:plain

最近、私がよく行く本屋の目立つところに彼のコーナーができた。目立つPOPと共に彼の小説が何冊も平積みされている。たまたま目に入っただけなのだが、手に取ってしまった。

そして、時間を忘れリズムよくページをめくっていく私がいた。そう、本屋の限られたスペースにどかっと縄張りをつくっていたのは原宏一さんの小説たちだ。今日紹介するのは原宏一『床下仙人』。

 

結構な数の小説を書いているようだが、私はこれまで彼の作品を知らなかった。もしあなたも彼の小説を読んだことがないのであればモッタイナイ!ぜひ、読んでみてもらいたい。

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com

通勤時間にサクッとでも、家でリラックスしながらでも、カフェで優雅にコーヒーとともにでも、どんな状況でも彼の描くユーモアたっぷりのストーリーに引き込まれてしまうだろう。

 

この『床下仙人』は4つの短編作品で構成されている。どこにでもいそうな、いや、間違いなくいる、自分の会社にもこんな人いるって言いたくなってしまうようなサラリーマンが主人公となり奇妙奇天烈な設定の世界を生きていく。一見現実には無いような設定に思うかもしれないが、この設定こそ、本作品のユーモアを生み出し、登場人物を魅力的にさせ、読者に伝えたい事がクリアに伝えるための要となっている。

どこにでもいるサラリーマンがおかしな世界を生きる話を描くことで、その実、サラリーマンたちが直面している現実社会の理不尽でおかしな、おそらく原宏一さんにとって納得しがたい、在り様がめちゃめちゃリアルに浮かび上がってくる。

 

私は平日の日中はサラリーマンとして生きているわけだが、家でゆっくりしていたくても会社には行かなければならなかったり、一緒に遊びたい友達がいてもなかなか予定があわなかったりする。中には、用事があって早く帰りたいにも関わらず帰り際に上司に仕事を任せられたりするかもしれない。それが「普通」と言ってしまえばそれまでだけれど、ふと冷静になったときにその理不尽さに疑問を持つ瞬間もあるんじゃないかと思う。私はある。よくある。

彼の作品に登場する人物たちはそんな理不尽さに負けたり勝ったり、様々な表情を見せてくれる。

 

"おれがほんとうに帰る場所は、どこなんだろう。そんなことを考えているうちに、いつのまにかビル街の会社に到着していた。とくに意識したわけでもないのに、自動的にからだが動いて、乗り換えるべき駅で乗り換え、降りるべき駅で降り、歩くべき道を歩いて辿り着いていた。"

 

もし、あなたが「面白い」小説を求めているなら、ぜひ!原宏一小説おすすめです!

 

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com

www.bookbank-58.com