読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

<『幻庵』百田尚樹>碁に人生をかけた男の物語!【読書屋!】

どうもこんにちは!

三度の飯より本が好き、アリガ10です。

 

BookBankどっとこむ、最初に紹介する作品は百田尚樹『幻庵』です!

 

少し前に映画化され大人気だった「永遠のゼロ」や、年末年始に上映中だった「海賊と呼ばれた男」の原作者である百田尚樹さんの作品です。

 

百田尚樹さんの率直で豪快な言動には賛否両論さまざまな意見がありますが、この方の書く文章は本当に洗練されています。

 

その洗練された素敵な文章に、膨大な取材に基づいた重厚なコンテンツが合わさり、読者の心をわしづかみにして、離してくれと叫んだって離してくれません。

 

私の大好きな作家のひとりです。

 

そんな百田尚樹さんの最新作、『幻庵』。

いやー、やっぱりいいですよ、おすすめです。

 

あなたには「一生をかけて極めている事」というものがあるでしょうか。

私はいまのところ、見つけられていないです。

 

数年間、1つの目標に向かって努力を重ねたことはあれど、一生となると話は別。

たとえば、大学受験のときなんかは朝から晩まで勉強して参考書を極めたつもりだ。

ただ、受験が終わった後、その参考書を一度も見返していないし思い出すことすらないことのオンパレードだ。

一生をかけて1つのことを極めることは多くの人にとってなかなか無いことのような気がする。

 

今回紹介する『幻庵』は江戸時代の碁界の話。 主人公は「囲碁」を一生をかけて極めた人物。彼の名がこの小説のタイトルとなっている。

 

彼は七歳で囲碁の世界に入り、死ぬまで囲碁を極めた。まさに一生をかけて一つのことを極めた男の物語なのだ。

 

その物語の中には、多くのライバルが出現し嫉妬や葛藤と戦い、碁を極め、実力のみならず運や交渉力、政治力の影響を受けながら生きていく主人公の姿が描かれる。

 

主人公の幻庵は7歳の頃、碁の実力者の弟子となり実親と離れていきていく。

この時点で、彼は碁のために生きることとなったのだ。日々の努力と向上心、ライバルの存在により彼の碁の力はどんどん上達していく。

 

そして、碁の家元と呼ばれる4家のうちの一つの当主となり、碁界を代表する棋士となるわけだ。彼の碁は勝つための碁というよりも常に最善手を打つ、つまり一局一局碁を極めることに妥協しなかったのだ。

 

"最善の手は何かということです。無限とも思える盤上に、ただ一点、真理があるのです。それは必ずあります。どのような局面においても、心理は必ずあるのです、しかし、もしかしたら人知では見つけられないものなのかもしれません。敢えて言えば、浜の砂から一粒の砂金を見出すようなものでしょうか。"

 

 

家元当主としてのプライド、名人という目標、ライバルへの思いなど、様々な心の動きが背景としてある。

 

 

囲碁という非常に静的なゲームにも関わらず、そこに描かれている対局や登場人物の人間模様は豪快かつ大胆にも拘わらず丁寧で繊細なんだ。

 

この作品は、百田尚樹さんのリサーチ力と文章力がなければ、ここまでページをめくるリズムが心地よいものとはならなかっただろう。

百田尚樹さんもまた一生をかけて文章を極めている男なのかもしれない。

ぜひ、読んでみてください。