全く媚びることのない私小説、西村賢太の『どうで死ぬ身の一踊り』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 私の好きな作家のひとり西村賢太の『どうで死ぬ身の一踊り』を紹介します。 西村賢太は2011年に『苦役列車』で芥川賞を受賞している作家です。彼の小説をちらりと読めばすぐにわかるのですが、かなり強烈な性格であり、この性格によって引き起こされた様々なことが私小説として描か…