読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

自然の中のちっぽけな人間。自然の現実と人間の意地のぶつかり合い『老人と海』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 名作中の名作、ヘミングウェイ『老人と海』を読みました。

西加奈子という小説家との初対面はもうなにも言えねぇ『漁港の肉子ちゃん』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 www.bookbank-58.com いろいろなメディアにも出ている作家 西 加奈子の作品を初めて読みました。なにかの番組で(たしか「さんまのまんま」だった気がするが・・・)彼女が出演しているのを見た時の印象は「どえらい関…

青春!学園ミステリー小説!米澤穂信、古典部シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』【読書屋!】

どうもこんにちは!アリガテンです。 ハマってます、米澤穂信!今回は、米澤穂信『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』を紹介します! www.bookbank-58.com

ふと手に取る種の小説ではなかった。人間の不可解さをまざまざと見せつけられた気分『蠅の王』【読書屋!】

どうもこんにちは!アリガテンです。本をたくさん読んでる人です。今日は重たい本を紹介します、単位はグラムではないですよ www.bookbank-58.com

ミステリー小説家米澤穂信のデビュー作!古典部シリーズ1作目『氷菓』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 個人的に最近ハマり始めてしまった米澤穂信、デビュー作『氷菓』をご紹介します。流行りの作家はあまり読まないあまのじゃくだぜとか言ってた過去の自分が大西洋くらいまで飛ばされてしまったんではないかと思うくらい…

『人口と日本経済-長寿、イノベーション、経済成長-』人口減少を迎える日本の未来を考える!【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです! 今日は週刊ダイヤモンドで2016年のベスト経済書第一位に選ばれた 吉川洋『人口と日本経済-長寿、イノベーション、経済成長-』を紹介します。会社の通勤途中にある本屋で平積みされているところを見つけたのですが、そ…

自転車でどこまでも。高校生の心情が描写される羽田圭介のロード小説『走ル』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 私が高校二年生の頃は、ようやく買ってもらった携帯電話でクラスメートや部活のメンバー、小中学校時代の友達とのメールが楽しくて仕方がなかった覚えがある。メアド交換をしてアドレス帳に友達のアドレスが増えていく…

人間とロボットに違いはあるのだろうか。。。『人間と機械のあいだ-心はどこにあるのか-』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 ロボットという言葉を聞けば、誰もが各々が思うロボットを頭に浮かべる。工場で人間に代わって部品を組み立ててくれるロボットを想像する人もいれば、鉄腕アトムやPepperといった人間に近いロボットを想像する人もいる…

文章書きは一読すべし!文章が書きたくなる本『書く力-私たちはこうして文章を磨いた-』【読書屋!】

どうも、こんにちは。アリガテンです! 私は小さい頃から文章を書く仕事っていいなって思っていた。作家や脚本家、キャッチコピーを考える人なんかに憧れた時期があったし、事実いまでも心のどこかで憧れがある。 でも、いざ文章を書こうと思うとなかなかい…

男たるもの必読の名著!『男の作法』池波正太郎【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすきアリガテンです。 今日は男たるもの必読の名著、池波正太郎『男の作法』をご紹介します。 もう名著中の名著ですよね、読んだことのある方も多いかもしれません。食べ方、服装、親、病気、生活のなかのありとあらゆ…

お笑い芸人が霊能者に成りきって・・・奇想天外なストーリー『大仏男』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 このブログでも以前いくつかの小説を紹介した原宏一さんですが、またまた本屋で手に取ってしまいました。今回は『大仏男』を紹介します。 www.bookbank-58.com www.bookbank-58.com お笑い芸人を…

ミステリー小説にドキドキする!!やっぱり面白くて。『インシテミル』【読書屋!】

どうも、こんにちは!三度の飯より本がすきアリガテンです。 www.bookbank-58.com 今日はもう知ってる!って方も多いのではないだろうか。映画化もされている米澤穂信『インシテミル』を紹介します。 ずっと前から存在は知っていたし古本屋でもよく見かけて…

杉原千畝ってやっぱりカッコいい。『諜報の天才 杉原千畝』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 杉原千畝って人は知っていますよね?知らない人がいたらGoogleでもYahooでもいいので調べて知っておくといいですよ。最高にカッコイイ日本人ですから。 誰しも、1人くらいは尊敬する人ってのがい…

おかしなことばかりの今だからこそ、この男の生き様を学ぶ『「粗にして野だが卑ではない」石田禮助の生涯』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 「粗にして野だが卑ではない」という言葉を知っているだろうか?声に出すとどこか心地良いリズム感で耳に残り良い。どこかで聞いたことがあったけど、どこの誰がどういう時に言った言葉なのかは…

二子玉川を舞台にスタイリッシュなマスターに惚れる『バー・リバーサイド』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 今日は、二子玉川在住の作者が描く二子玉川のバーが舞台の小説吉村喜彦『バー・リバーサイド』を紹介します。 二子玉川にはよく行くので、二子玉川が舞台!とPOPが書いてあるのを見て手に取ってみました。この著者のこ…

現実と夢想の狭間での苦しみを描いた痛快小説!『儚い羊たちの祝宴』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』をご紹介します! 米澤穂信さんの小説を読んだことは多いのではないでしょうか。 『ボトルネック』とか『インシテミル』とか映画化されたものもありますし、…

読書好きなら一読の価値あり!『読書の腕前』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすきアリガテンです。 今日は読書好きが読んで共感に次ぐ共感を生む本を紹介します。 岡崎武志『読書の腕前』です!タイトルからひどく興味をそそられて、本屋でぱらぱらと2,3ページ読んですぐに買おう!と決めてし…

『旅猫リポート』猫好きにはたまらない!?猫と飼い主の相思相愛ロード小説!!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすきアリガテンです。 みなさん、突然ですが、 猫って好きですか? 私は好きでもなく嫌いでもなく可でもなく不可でもないって感じなんですが、この小説を読んで、猫と暮らしたいー!って思ってしまいました。猫好きの…

<『捨てられる銀行』橋本卓典>金融庁の型破りな政策と本来あるべき姿の銀行を考える【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は小説ではなく新書です!橋本卓典『捨てられる銀行』をご紹介します。 私自身の仕事がファイナンス系なので銀行との取引等が多く、いろいろと内情を知っておく必要があるなぁと思ったのが手…

<『イモータル』萩耿介>時空を超えて人の生き方を見つめる壮大な物語

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は萩耿介『イモータル』をご紹介します! この小説は普段私が読まないタイプの小説で非常に新鮮で面白く読み進めることができました。 主人公は昔に兄をインドで亡くし、今は日本で不動産業…

<『ホテルローヤル』桜木紫乃>ラブホテルを中心にストーリーが流れてく!

どうも、こんにちは! 三度の飯より、本が好きアリガテンです! 今日は149回直木賞受賞作、桜木紫乃『ホテルローヤル』をご紹介します! 以前、このブログで紹介した折原一『グランドマンション』と同じ「グランドホテル形式」という展開をする短編連作小説…

<『握る男』原宏一>果てしないほどの力強さと野望で突き進む「食」ものがたり【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は以前紹介した『床下仙人』を書いている原宏一さんの『握る男』を紹介します。 正直、『床下仙人』を読んでから原宏一さんの小説をごりごり読んでみたくなって、買い漁ってます!!部屋の片…

<『空飛ぶタイヤ』池井戸潤>大企業に挑んでいく小さな会社の頑固なオヤジがカッコイイ!!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 今日は超売れっ子作家、池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』をご紹介! 池井戸潤さんといえば、多くの作品がドラマ化していますよね。数年前に一世風靡した「半沢直樹」の原作者です。倍返しだ!っ…

<『君の歳にあの偉人は何を語ったか』>真山知幸

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガ10です。 今回は真山知幸『君の歳にあの偉人は何を語ったか』を紹介します! すごーーーく興味出ちゃうタイトルの本だとおもいませんか?私なんか、古本屋で目に入った瞬間に掴んじゃってましたよ。 私自身…

読了メモ2017!それと・・・「はじめまして」が言いたくて!!

どうも、こんにちは!三度の飯より本が好き、アリガ10です。 2017年の目標の一つに100冊の本を読んで記録することを掲げている。 そもそも読書は大好きで、ご飯を食べるのと同じくらい自然に、習慣的に本を読んでいます。 毎年、100冊以上読んでると思うんで…