読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書屋!BookBankどっとこむ

◇年間100冊読書日記◇趣味の読書の語り部屋

50記事を越えたのでそろそろ自己紹介なるものをしてみようと思う。【雑記屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 www.bookbank-58.com 毎日の読書をメモしていくかのように更新しているこのブログですが、気が付くと、ついに50記事を越えてました!!これは本当に皆さまのおかげでございます。ありがとうございます!いい機会ですの…

自然の中のちっぽけな人間。自然の現実と人間の意地のぶつかり合い『老人と海』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 名作中の名作、ヘミングウェイ『老人と海』を読みました。

西加奈子という小説家との初対面はもうなにも言えねぇ『漁港の肉子ちゃん』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 www.bookbank-58.com いろいろなメディアにも出ている作家 西 加奈子の作品を初めて読みました。なにかの番組で(たしか「さんまのまんま」だった気がするが・・・)彼女が出演しているのを見た時の印象は「どえらい関…

青春!学園ミステリー小説!米澤穂信、古典部シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』【読書屋!】

どうもこんにちは!アリガテンです。 ハマってます、米澤穂信!今回は、米澤穂信『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』を紹介します! www.bookbank-58.com

ふと手に取る種の小説ではなかった。人間の不可解さをまざまざと見せつけられた気分『蠅の王』【読書屋!】

どうもこんにちは!アリガテンです。本をたくさん読んでる人です。今日は重たい本を紹介します、単位はグラムではないですよ www.bookbank-58.com

本を読む場所について。【雑記屋!】

どうもこんにちは!アリガテンです。 www.bookbank-58.com 今日は本を読む場所について、自己中心的な文章を書いていきます。

ミステリー小説家米澤穂信のデビュー作!古典部シリーズ1作目『氷菓』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 個人的に最近ハマり始めてしまった米澤穂信、デビュー作『氷菓』をご紹介します。流行りの作家はあまり読まないあまのじゃくだぜとか言ってた過去の自分が大西洋くらいまで飛ばされてしまったんではないかと思うくらい…

年度末なのでソフトバンク孫正義の2016年度大型投資をまとめてみる【情報屋!】

IT

どうも、こんにちは!アリガテンです。 私の尊敬する人物の一人がソフトバンクの創業者 孫正義社長です。そういうわけで、ソフトバンク関連のニュースは日々チェックしています。 www.bookbank-58.com www.bookbank-58.com この2016年度は同社にとってめちゃ…

iPhone7/7Plusに新色の「赤/RED」が登場!Appleファンの購買意欲爆上がり。【情報屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。うえの画像びっくりしませんか?赤いiPhoneです、、、なんじゃこりゃ。(画像:AppleHPより) そう!本日、Apple社から驚きのニュースが飛び込んできました! iPhone7/7plusに新色「赤/RED」が登場! なんと、iPhone7/7p…

『人口と日本経済-長寿、イノベーション、経済成長-』人口減少を迎える日本の未来を考える!【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです! 今日は週刊ダイヤモンドで2016年のベスト経済書第一位に選ばれた 吉川洋『人口と日本経済-長寿、イノベーション、経済成長-』を紹介します。会社の通勤途中にある本屋で平積みされているところを見つけたのですが、そ…

自転車でどこまでも。高校生の心情が描写される羽田圭介のロード小説『走ル』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 私が高校二年生の頃は、ようやく買ってもらった携帯電話でクラスメートや部活のメンバー、小中学校時代の友達とのメールが楽しくて仕方がなかった覚えがある。メアド交換をしてアドレス帳に友達のアドレスが増えていく…

笑いも!涙も!誰にでもオススメできる『SING-シング-』【映画屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 今日は『La La Land-ラ・ラ・ランド-』を見に行った時の上映予告で気になっていた映画『Sing-シング-』を見てきました! www.bookbank-58.com いやー『Sing-シング-』最高に笑っちゃいました。『La La Land-ラ・ラ・ラ…

人間とロボットに違いはあるのだろうか。。。『人間と機械のあいだ-心はどこにあるのか-』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 ロボットという言葉を聞けば、誰もが各々が思うロボットを頭に浮かべる。工場で人間に代わって部品を組み立ててくれるロボットを想像する人もいれば、鉄腕アトムやPepperといった人間に近いロボットを想像する人もいる…

文章書きは一読すべし!文章が書きたくなる本『書く力-私たちはこうして文章を磨いた-』【読書屋!】

どうも、こんにちは。アリガテンです! 私は小さい頃から文章を書く仕事っていいなって思っていた。作家や脚本家、キャッチコピーを考える人なんかに憧れた時期があったし、事実いまでも心のどこかで憧れがある。 でも、いざ文章を書こうと思うとなかなかい…

「頭を使える人」と「頭を使えない人」の違いを男風呂で発見したので記録する。そして結局、温泉論に帰結する。【雑記屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 今日はちょっとばかし趣向を変えて、最近の気付きを綴る。 男風呂で気付いた「頭を使える人」の特徴 先週末、大学時代の友人4人で箱根へ1泊2日の旅行に行ってきました。旅行自体久しぶりだったし、友人4人が再会するの…

男たるもの必読の名著!『男の作法』池波正太郎【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすきアリガテンです。 今日は男たるもの必読の名著、池波正太郎『男の作法』をご紹介します。 もう名著中の名著ですよね、読んだことのある方も多いかもしれません。食べ方、服装、親、病気、生活のなかのありとあらゆ…

お笑い芸人が霊能者に成りきって・・・奇想天外なストーリー『大仏男』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 このブログでも以前いくつかの小説を紹介した原宏一さんですが、またまた本屋で手に取ってしまいました。今回は『大仏男』を紹介します。 www.bookbank-58.com www.bookbank-58.com お笑い芸人を…

ミステリー小説にドキドキする!!やっぱり面白くて。『インシテミル』【読書屋!】

どうも、こんにちは!三度の飯より本がすきアリガテンです。 www.bookbank-58.com 今日はもう知ってる!って方も多いのではないだろうか。映画化もされている米澤穂信『インシテミル』を紹介します。 ずっと前から存在は知っていたし古本屋でもよく見かけて…

ソフトバンクのネット小説投稿サイト「ツギクル」が新しい。~AI(人工知能)を使って小説を評価する~

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 私はそこそこの多くの読書を経験している方だと思う。数分でも時間があれば本を開いて読みものをしていたい性質だ。 ただ、偏見はないのだがライトノベルやネット小説といった類とはいままで交わ…

杉原千畝ってやっぱりカッコいい。『諜報の天才 杉原千畝』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 杉原千畝って人は知っていますよね?知らない人がいたらGoogleでもYahooでもいいので調べて知っておくといいですよ。最高にカッコイイ日本人ですから。 誰しも、1人くらいは尊敬する人ってのがい…

おかしなことばかりの今だからこそ、この男の生き様を学ぶ『「粗にして野だが卑ではない」石田禮助の生涯』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 「粗にして野だが卑ではない」という言葉を知っているだろうか?声に出すとどこか心地良いリズム感で耳に残り良い。どこかで聞いたことがあったけど、どこの誰がどういう時に言った言葉なのかは…

読書屋!オフシーズンの海の家ジャック~自分の本屋を作るとしたら~【雑記屋!】

お題「自分の本屋を作るとしたら」 どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 まさに私得なお題「自分の本屋を作るとしたら」、他の方が書かれた記事を人類が進化の過程で勝ち得た偉大なる能力「妄想」とともに楽しく拝見させていただいて…

二子玉川を舞台にスタイリッシュなマスターに惚れる『バー・リバーサイド』【読書屋!】

どうも、こんにちは!アリガテンです。 今日は、二子玉川在住の作者が描く二子玉川のバーが舞台の小説吉村喜彦『バー・リバーサイド』を紹介します。 二子玉川にはよく行くので、二子玉川が舞台!とPOPが書いてあるのを見て手に取ってみました。この著者のこ…

現実と夢想の狭間での苦しみを描いた痛快小説!『儚い羊たちの祝宴』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』をご紹介します! 米澤穂信さんの小説を読んだことは多いのではないでしょうか。 『ボトルネック』とか『インシテミル』とか映画化されたものもありますし、…

読書好きなら一読の価値あり!『読書の腕前』【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすきアリガテンです。 今日は読書好きが読んで共感に次ぐ共感を生む本を紹介します。 岡崎武志『読書の腕前』です!タイトルからひどく興味をそそられて、本屋でぱらぱらと2,3ページ読んですぐに買おう!と決めてし…

『旅猫リポート』猫好きにはたまらない!?猫と飼い主の相思相愛ロード小説!!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすきアリガテンです。 みなさん、突然ですが、 猫って好きですか? 私は好きでもなく嫌いでもなく可でもなく不可でもないって感じなんですが、この小説を読んで、猫と暮らしたいー!って思ってしまいました。猫好きの…

「村上春樹さんの新作『騎士団長殺し』発売」というトピックを見て思うこと~好きだからこそ違和感~【雑記屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本がすき、アリガテンです。 いつものようにはてなブログのトップページから面白そうな記事はないかなぁ~とのそりのそりとページをスクロールしていると話題のトピックとして「村上春樹さんの新作『騎士団長殺し』発売」…

<『捨てられる銀行』橋本卓典>金融庁の型破りな政策と本来あるべき姿の銀行を考える【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は小説ではなく新書です!橋本卓典『捨てられる銀行』をご紹介します。 私自身の仕事がファイナンス系なので銀行との取引等が多く、いろいろと内情を知っておく必要があるなぁと思ったのが手…

<『イモータル』萩耿介>時空を超えて人の生き方を見つめる壮大な物語

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は萩耿介『イモータル』をご紹介します! この小説は普段私が読まないタイプの小説で非常に新鮮で面白く読み進めることができました。 主人公は昔に兄をインドで亡くし、今は日本で不動産業…

【現役リクルーター目線】就職活動で「最後は勝つ」方法【3月1日就活解禁】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです。 3月1日が就活解禁日ということで、スーツ会社の広告塔かと思うくらい街中にリクルートスーツを着た多くの就活生を目にして「あぁ就活か~3年前が懐かしいなぁ」という気持ちになったので、今日…

<『ホテルローヤル』桜木紫乃>ラブホテルを中心にストーリーが流れてく!

どうも、こんにちは! 三度の飯より、本が好きアリガテンです! 今日は149回直木賞受賞作、桜木紫乃『ホテルローヤル』をご紹介します! 以前、このブログで紹介した折原一『グランドマンション』と同じ「グランドホテル形式」という展開をする短編連作小説…

<『握る男』原宏一>果てしないほどの力強さと野望で突き進む「食」ものがたり【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は以前紹介した『床下仙人』を書いている原宏一さんの『握る男』を紹介します。 正直、『床下仙人』を読んでから原宏一さんの小説をごりごり読んでみたくなって、買い漁ってます!!部屋の片…

<『空飛ぶタイヤ』池井戸潤>大企業に挑んでいく小さな会社の頑固なオヤジがカッコイイ!!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 今日は超売れっ子作家、池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』をご紹介! 池井戸潤さんといえば、多くの作品がドラマ化していますよね。数年前に一世風靡した「半沢直樹」の原作者です。倍返しだ!っ…

<『君の歳にあの偉人は何を語ったか』>真山知幸

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガ10です。 今回は真山知幸『君の歳にあの偉人は何を語ったか』を紹介します! すごーーーく興味出ちゃうタイトルの本だとおもいませんか?私なんか、古本屋で目に入った瞬間に掴んじゃってましたよ。 私自身…

公開初日に「LaLaLand-ラ・ラ・ランド-」を見てきたので、ネタバレしない程度にぶっちゃけた感想を記す!

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです 2月24日公開の映画「LaLaLand-ラ・ラ・ランド-」を公開日に観てきました! 公開前からとにかく期待大で、前売り券も買ってワクワクしながら見に行きました!あまりにも、以前「LaLaLand-ラ・ラ・ラ…

<『一勝九敗』柳井正>成功している経営者こそ失敗から成功を学ぶ!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです! 今日は古本屋でたまたま手に取った柳井正さんの『一勝九敗』を紹介します! 柳井正さんのことは皆さんもよく知っていると思います。仮に柳井正さんのことを知らなくても、この方にはきっとお世話…

<『苦役列車』西村賢太>俺のダメなところを全部見せてやるよ、そんな私小説!!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 今日は西村賢太『苦役列車』を紹介します。 11年の芥川賞受賞作品ですね! 作者の西村賢太さんはなかなか面白い人柄で、芥川賞受賞のインタビューの際に有名になったら風俗行けなくなっちまう…

<『爪と目』藤野可織>ストーリー全体を不気味さが包む、三歳児が語るホラー小説【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 今日紹介するのは藤野可織『爪と目』!2013年の芥川賞受賞作品ですね。 どうでもいい話なんですけど、私の出会ってきた女性で名前が「かおり」という方は、皆さん良い人で綺麗な人が多いってい…

プレミアムフライデー前夜!記念すべき第一回プレミアムフライデーのリアルをまとめてみる!

どうも、こんにちは! 三度の飯より、本がすきアリガ10です。 遂に明日は第一回目のプレミアムフライデー!関係ある人も無い人も15時に帰れるもんなら帰りたいですよね!記念すべき第一回目のプレミアムフライデーのリアルをまとめてみます! 1.プレミアム…

<『グランドマンション』折原一>グランドホテル形式のミステリー【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 今日は折原一『グランドマンション』をご紹介します! この小説は7つの短編ミステリーで構成され、どれもが一つのマンションを舞台にしています。登場人物はマンションの住人たち、住人たちが引…

2/24公開の映画「La La Land -ラ・ラ・ランド-」を予約した!!

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 今日は私が最近とにかく楽しみにしてる映画をご紹介します!! それは、、、「La La Land -ラ・ラ・ランド-」です! みなさんご存じですか??? 私は予約しちゃってます!しれっと前売り券買…

<『人はなぜ宗教を必要とするのか』阿満利麿>「自分は無宗教です」という主張の面白さが光る。【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです。 今日はこれまた古本屋でぼやっとしてたらぼけっと手が伸びてしまった本を紹介します。阿満利麿『人はなぜ宗教を必要とするのか』。 日本で暮らしていると宗教ってものがほんとうに歪んで見えて…

<『神の値段』一色さゆり>このミステリーがすごい!大賞のミステリーはすごかった!!!

どうも、こんにちは! 三度の飯より、本が好きアリガ10です。 今日紹介するのは『神の値段』です。 2015年の「このミステリーがすごい!」大賞の受賞作品です。 第一回「このミステリーがすごい!」大賞の銀賞を受賞した東山彰良さんが『流』で直木賞を受賞…

<『すべてがFになる』森博嗣>現実ってなんだろう、考えまくった夜

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 久しぶりにドハマリしてしまいそうな作品に出会いました! 有名ですし、名前は聞いたことがあったんですが今までなかなか手に取らず。。。古本屋でたまたま出会ったのを機に読んでみました『す…

ソフトバンク、Sprintの経営権譲渡!?について考えてみた

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガ10です! 昨日、ソフトバンクがSprintの経営権をT-モバイルに譲渡するというニュースが飛び込んできました。 これ、結構びっくりなニュースなんです。 ソフトバンクがSprintを買収した背景 ソフトバンクが…

<『床下仙人』原宏一>普通のサラリーマンが理不尽な社会の仕組みに出会ってしまって!!

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 最近、私がよく行く本屋の目立つところに彼のコーナーができた。 目立つPOPと共に彼の小説が何冊も平積みされている。たまたま目に入っただけなのだが、手に取ってしまった。 そして、時間を忘…

<『言ってはいけない-残酷すぎる真実-』橘 玲>タブー!タブー!タブー!のオンパレード【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです!! いま、本屋さんにいくと必ず目立つところに派手なPOPとともに山積みされている話題の本、橘 玲『言ってはいけない-残酷すぎる真実-』を紹介します! もうタイトルの通り、「言ってはいけない…

<『肉骨茶』高尾長良>「食」という誰もが行う生存行為への反逆とその恐怖!!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好きアリガテンです。 高尾長良『肉骨茶』を紹介いたします! 読後の感想はただただ「おえっ、人間って怖い。」なんて思ってしまいました。 登場する人間の生々しさが精緻に描かれていて、しかも、普段は目を背けたり…

<『The Catcher in the Rye』J.D.Salinger 訳:村上春樹>不器用に生きることの美しさ!【読書屋!】

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです。 今日は誰もが知ってる名作『The Catcher in the Rye』をご紹介します! その名作を、現代日本人作家で世界的に著名な村上春樹の翻訳バージョンです。 村上春樹作品に多くの熱心なファンがおり…

月額80円のスマホってなに!!??ソフトバンクのスマホデビュー割がすごい!

どうも、こんにちは! 三度の飯より本が好き、アリガテンです! 今日はちょっとスマホの話。 いまや生きていくには不可欠になった携帯電話。 一歩家の外に出て街に繰り出せば、携帯・スマホを片手にすごく気難しそうな顔で画面を見つめる姿なんていくらでも…